君からもらった傷は一生モノ



きみからもらった傷は

僕の一生モノ


この傷を、眩しく霞む空で馴染ませても

なぜかもっと傷は痛くて沁みる


こんなにも愛おしいよ

きみからもらった傷

この傷なしでは生きていけないよ

この世のもの全てが愛おしいよ

僕1人では抱えきれなくて

いつかパチンとシャボン玉のように呆気なく消えてしまいそうだ、何もかも

だから、僕は僕を傷つないとやっていけない


きみからもらった傷だけは

確かなものだよ

この世の全てが消えてしまっても

傷だけは残るよ

愛おしいくて抱えきれないよ

君からもらった傷


僕は僕が消えないため

この目で分かるように印という名の傷付けるよ

傷だけは確かなものだよ


君からもらった傷は

一生モノだよ


大事に大事にできるかな

消えないようにもっと深く深く自分で彫るよ

赤い液体が邪魔をする

ベトベトして滑っちゃう

僕が僕として死なないために

僕の体が死んでしまっても、本当に僕が僕として死なないために