ボク



何も聞こえないわけじゃない。ただ、確かなものは何も聞こえない。聞こえないのだ。

導いてくれなくてもいい。

意味がなくていい。

きっとそこにあるだけでいい。


モノクロの雑音とモノクロの世界。

何も分からない。

人間と景色の区別も付かない。有機物と無機物が白黒に溶け込む。灰色に混ざり合うことなく。


空気を吸っている。肺が酸素を物欲しそうにしている。右頬に霞むそよ風。

それだけは確かに、少しだけ感じ取ることができる。


誰か教えて欲しい。

僕は何なのだろう。

何のために生まれてきたのだろう。

これでは、何もかも分からないまま、吸いたくもない空気を吸って、食べたくもないご飯を無理やり口に突っ込まされ、ただ淡々と時が過ぎていく。

だったらいっそ、死んだほうが…


光のある窓の方を向く。確かな眩しさと白い視界を感じた。

ひたすら眩しくて直視出来い。


そうか、ここならば外に繋がっている。だから、飛び降りれば死ねるかもしれない。

僕は吸い寄せられるように光のある方向に顔を向け、起き上がると身体ごと引き寄せられた。


風を感じることは出来る。光も、感じることは出来る。

何故だろう。それだけで、何故だか胸が熱くなった。


嫌だ、嫌だ、嫌だ、こんなの嫌だ……。



嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ。



きっと心の何処かではモノクロのままでいいと思っいる。それは、自分の意思だ。

色づいた瞬間僕は、僕はもう、この世から消えてしまうような、消されてしまうような、心だけではもう抱えきれなくなってしまうのだろうと分かっていたから。


空が澄みすぎていて、心に漠然とした不安だけが居座る。


死を間近で感じると異様に興奮する。

細胞を機能しなくなるまで最大まで絞り出して腐らせて死んでいくのではなく、寿命を幾多の手法で無理やり縮ませようとする行為は、何だか命を弄んでいるようで、あまりに楽しくて興奮するので、股の方が熱くなるのを感じていた。

きっと、死にたくない気持ちに無理に抗うのはゾクゾクするのだろう。

きっと、お金持ちになったらトリュフの石鹸なんかを使い出しては、口出しをするのだろう。


それが、人間なのだ。きっと。